トップページ > 鉄道 > RMライブラリー > RML196 鞆鉄道(ともてつどう)

2015年11月20日

RML196 鞆鉄道(ともてつどう)

9784777053902

タイトル:RML196 鞆鉄道(ともてつどう)
本体価格:1250円 +税
発行年月日:2015年11月20日
ISBN:978-4-7770-5390-2

現在の広島県福山市に位置し、「鞆の浦」で有名な鞆は、瀬戸内海屈指の良港として古くから栄えました。
しかし、幹線鉄道である山陽鉄道(後の山陽本線)が内陸の福山を通り、さらに鉄道からの四国連絡の中心が宇野~高松航路になると、
鞆の港には以前のような賑わいは失われていきました。
こうした状況の中、山陽本線が通る福山と、鞆とを結ぶために計画されたのが鞆軽便鉄道、後の鞆鉄道です。
開業は時代が大正に入って間もない1913(大正2)年、軌間762mmの軽便鉄道でした。
蒸気機関車による運行でしたが、時代が昭和に入るとガソリンカーを導入し、発達してきたバスに対抗しました。
夏には海水浴客の利用でも賑わいましたが、戦後はバスへの移行をはじめ、1954(昭和29)年にはついに鉄道を廃止しました。
 本書は鞆鉄道の40年余にわたる歩みと、車輌群について解説するものです。