トップページ > 鉄道 > RMライブラリー > RML15 ありし日の「玉電」

RML15 ありし日の「玉電」

rml015[1]

タイトル:RML15 ありし日の「玉電」
本体価格:1000円 +税
発行年月日:2000年9月21日
ISBN

●東京・渋谷を起点に、三軒茶屋を経て二子玉川園へと至る玉川線、三軒茶屋から下高井戸へと至る通称・下高井戸線、そして二子玉川園から砧本村へと至る砧線で構成されていた東京急行電鉄玉川線。元々は多摩川で採取された川砂利を都心へ運搬するために開通した路面電車だが、昭和44年5月、専用軌道区間の三軒茶屋~下高井戸を残して廃止された。残った区間は世田谷線として名前を変え、住宅地の中を行く軌道線として多くの人々の足として機能している。新鋭300系の導入で、旧来からの玉電車輌の活躍も時間の問題となった今、「たまでん」華や