トップページ > 鉄道 > RMライブラリー > RML89 西大寺鉄道

RML89 西大寺鉄道

rml089[1]

タイトル:RML89 西大寺鉄道
本体価格:1000円 +税
発行年月日:2006年12月21日
ISBN

●国鉄(現・JR)赤穂線が出来るまで、岡山市街の後楽園から西大寺を結ぶ軽便鉄道があった。現在の両備バスのルーツである西大寺鉄道である。
1891(明冶24)年に開業した山陽鉄道(現・JR山陽本線)のルートから外れた西大寺村の不便を挽回すべく1911(明冶44)年に開業したこの鉄道は、地元住民のみならず、西大寺観音院への参詣客の足としても活躍。特に裸祭として知られる西大寺会陽の際には乗り切れないほどの多くの乗客が詰めかけ、1923(大正12)年の会陽では軽便鉄道でありながら5万6千人もの乗客を運んだという。