トップページ > 鉄道 > RMライブラリー > RML47 三菱鉱業 大夕張鉄道

RML47 三菱鉱業 大夕張鉄道

rml047[1]

タイトル:RML47 三菱鉱業 大夕張鉄道
本体価格:1000円 +税
発行年月日:2003年5月21日
ISBN

●国鉄夕張線(現在の石勝線)清水沢駅と大夕張鉱山の間、17.2kmを結んだ三菱鉱業大夕張鉄道。1970年前後には年間貨物輸送量が180万トン近くを記録したが1987年7月21日の運転を最後にその幕を閉じた。スローバック・テンダーの9600や3軸客車の活躍でも知られ、道内最後の旅客営業私鉄としてもファンの注目を浴びていた。本書は、炭鉱の輸送手段のみならず、そこに暮らす人々の欠かせない足として活躍したこの鉄道の歴史と車輛のすべてを、三菱大夕張鉄道保存会のメンバーが解き明かすものである。●奥山道紀・赤城英昭:著