トップページ > 鉄道 > RMライブラリー > RML154 京成赤電ものがたり

RML154 京成赤電ものがたり

RML154[1]

タイトル:RML154 京成赤電ものがたり
本体価格:1200円 +税
発行年月日:2012年5月21日
ISBN

京成電鉄が現在のように都営浅草線へ乗り入れるようになったのは1960(昭和35)年のこと。
それに先駆け地下鉄乗り入れ用として1958(昭和33)年に登場した3000形は、その後の京成電車の標準型となりました。
本書は3000形から3050形、3100形、3150形、3200形、そして3300形まで、ステンレス車登場以前のいわゆる赤電の系譜をまとめたもの。
地下鉄乗り入れのため行われた1372mm→1435mmの改軌工事、さらに赤電世代の「開運」号の記録も収録しています。

主なコンテンツ