トップページ > 鉄道 > RMライブラリー > RML163 京王線 グリーン車の時代

RML163 京王線 グリーン車の時代

rml163

タイトル:RML163 京王線 グリーン車の時代
本体価格:1200円 +税
発行年月日:2013年2月19日
ISBN:978-4-7770-5339-1

昭和50年代後半まで、京王線で各駅停車といえば、明るいライトグリーンに塗られた通称「グリーン車」と呼ばれる電車でした。 これらの電車は、太平洋戦争中の戦災により疲弊した京王線を復興するため、戦後昭和25~37年にかけて投入された車輌たちであり、 戦後の京王線の基礎を築いた電車といってよいでしょう。

本書では戦後初の新車2600形(昭和25年)をはじめ、初めて17m級車体を採用した2700形(昭和28年)、京王初の高性能車2000形(昭和32年)、 そしてその改良型である2010形(昭和34年)まで4系列の「グリーン車」の活躍を、多数の写真で振り返るものです。

【収録内容】

 2600形 昭和25年登場 戦後初めての新車

2700形 昭和28年登場 初めて17m級車体を採用

2000形 昭和32年登場 京王初の高性能車

2010形 昭和34年登場 グリーン車の主力車種

発売日:2月20日