トップページ > 鉄道 > RMライブラリー > RML191 国鉄F級ディーゼル機関車

2015年6月19日

RML191 国鉄F級ディーゼル機関車

9784777053834

タイトル:RML191 国鉄F級ディーゼル機関車
本体価格:1250円 +税
発行年月日:2015年6月19日
ISBN:978-4-7770-5383-4

RM LIBRARY191巻では、日本の国鉄における“F級”ディーゼル機関車について解説します。

 “F級”とは動軸が6本、すなわち機関車を横から見た時に動輪の数が6つの機関車を指します。日本の国鉄では、直流・交直流電気機関車ではこのF級が主力でしたが、一方在来線用のディーゼル機関車では、日本ではじめて本格的に量産された本線用ディーゼル機関車であるDF50形(1957年~)と、その前後に製作された試作機関車のみがF級でした。

 本書では国鉄時代唯一のF級量産機であったDF50形とともに、1950年代に各機関車メーカーが競って試作し国鉄が試用した5輌のF級ディーゼル機関車、そして終始裏方に徹した知られざる新幹線用ディーゼル機関車911形について解説するものです。

●主な内容
DF級ディーゼル機関車概説
DF50形
DF40(二代目DF91)形
DF90形
DF91形(初代)
DF41(DF92)形
DF93形
911形